最新の早漏改善策は交感神経系に働くプリリジー

射精が起きるシステムを理解しておきましょう。勃起が起きるときは副交感神経が働きます。また射精が起きるときは交感神経が働くことがわかっています。早漏気味の男性はこの交感神経系が性行為のときに優位になりやすいことで、射精をコントロールすることができません。よって副交感神経を優位に働かせることが早漏対策へのカギを握ることになるでしょう。リラックスをするときに副交感神経が働くことがわかっており、射精をしそうになると鼻から息を吸うと良いとされていますが、さすがに性行為の最中ですので、限界もあるでしょう。そのようなことから違う方法で改善を試みてみましょう。

従来からの早漏改善策は、刺激を弱める成分が配合された製品を男性器に塗るのが一般的でしたが、最新は早漏に影響を与える交感神経系に直接働きかける医薬品があります。プリリジーという医薬品で、射精のときに優位になる交感神経系を収める効果があります。ただしプリリジーの主成分が働きかけるわけではなく、副交感神経を優位にさせるように働きかける製品です。リラックスをさせる副交感神経が優位に働くことで、射精までの時間を稼ぐことができる製品です。服用していない通常時よりも、個人差はありますが3倍から5倍ほど時間が延びたという臨床実験の結果もあります。

またプリリジーのような内服薬が優れている点は、パートナーにバレないように服用できることです。男性器に直接塗るようなタイプではありませんので、安心してセックスに集中することができます。ただし注意点もあります。最新の改善方法になっているプリリジーですが、あくまでも改善であり治療をするわけではありません。早漏は経験を積み、耐えることを知ることから始まりますので、ヒビのセックスから取り組むことも大切です。

ページトップへ